2005年01月21日

第三の検索エンジン MSN

Google、Yahooに次ぐ(日本ではYahoo、Googleの順)第三の検索エンジンMSNについて。MSNといっても主に現在betaの新型MSNサーチについてです。

早くも、アメリカでは近いうちにbataの文字が取れるとの噂の、新型MSNサーチですが、まず最初の感想としてお金かけてきたなーってのがあります。このサイトに今月一番多くやって来たロボットはMSNBotですし、インデックスの更新も早そうで、こういうのはまさに資金がものを言うところでしょう。検索結果も意外と(?)まともで、Microsoftの本気具合がうかがい知れます。

そんな新型MSNサーチに最近付け加えられた面白い機能として、検索結果をRSSで出力するってのがあります。方法は検索結果のページのURLの最後に&format=rssを追加するというもの。例えばこんな感じ

検索結果のページ
http://beta.search.msn.co.jp/results.aspx?q=PEACE
検索結果のRSSフィード
http://beta.search.msn.co.jp/results.aspx?q=PEACE&format=rss

このことについてどう思うと尋ねられても何も答えられないですが、フォーマットはRSS2.0です。私の弱い頭ではこれの面白い使い方が思いつかないですが、きっと誰かがなんかやってくれると思います。期待して待ってみたい。

私は検索エンジンについてまったくの素人なので、ここからは話半分で読んでもらいたいのですが、もしかしたらちょっと変わったアルゴリズムを新型MSNサーチが持っているのでは、と思っています。それは

最近発生したリンクほど重み付けが高い

というものです。他の検索エンジン含めて、このようなアルゴリズムを私は寡聞にして知りません。なかなか有用な気がしますが、同時に相当なリソースを食うような気もします。ただ、検索の舞台裏 : MSN サーチのしくみというページがあるのですが、そこに

一般に、定期的に更新されるサイト、コンテンツが豊富なサイト、および他のサイトからのリンクが多いサイトは、そうでないサイトよりも高いランクが付けられます。

という一文があり、3つ列記した中で「定期的に更新されるサイト」が一番最初に来るあたり、MSNでは情報の新鮮さを重要な項目と見ているようですが、そのあたりとも合致するアルゴリズムではないでしょうか?もっと言えば先ほどのRSSだって、検索結果が頻繁に変わる検索エンジンにこそ必要な機能だと思います。まあ真意のほどは定かではないですが・・・

個人的にはMicrosoftに一番期待するのはこの「検索」という分野です。現状はブレイクスルーが本当に必要とされている時だと思う。

2005年01月21日 01:47