2005年02月04日

計算処理能力の取引所

[このエントリーのトラックバック先の記事]

面白い記事見つけました。まずはこちらを。

サン、計算処理能力の「電子取引所」開設へ - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20080489,00.htm

なんというかいろいろ想像力をかきたてられる話ですが、冷静になってみるとここで目新しいのは、このようなものを「取引所で」売買するってことだけなんですね。供給側から見れば安定した販路の整備、需要側から見れば価格の低下ってことで悪いことではなさそうですが、計算処理能力っていう商品は、現在取引所で扱われている他の商品と比べると、特殊な点が結構ありそうな気がします。

例えば、これほど爆発的に量(数)が増えている商品って他にあります?私はちょっと思いつかないです。あとCNET Japanの記事の最後のほうでも書かれていますが、合理的な単位を考えるのは大変そうですね。

「合理的な単位」ってのに関係しますが、計算処理能力って一言で言っても必要とされるものは、多岐にわたるんだと思いますが(そうでもない?)、仮に取引所で扱われる商品の種類が細かく分かれると、今度は流動性の確保が大変に・・・ それに、これは取引所通じてってのは関係ないかもしれませんが、計算処理能力って価格変動が激しそうで、そのリスクをヘッジするコストもばかにならない気がするので、ユーティリティコンピューティングに頼りっきりってわけにもいかないんだと思うんですが・・・

まあそうは言ってもこれが時代の流れなんでしょうけど、とりあえず今回のSunはこけると私は予想しちゃいます。ユーティリティコンピューティングについてはいろいろ言われているようですが、個人的には一般家庭が関わりを持つ概念ではないと思う。こういう話を聞くとなぜか、宇宙人は見つかったかな?ってそっちの方に頭がいってしまうんですが・・・ まだ?

2005年02月04日 15:52