2005年04月03日

MinGWでGNU Goをビルド その2

以前のエントリーの続きです。結果から言うとまだうまくいかないんですが、これ以上がんばる気が起きないので、あの後分かったことだけ書いて、ひとまず終わりにします。正直疲れた・・・

まずエラーが出るのは、Multigoでプレーしたときだけでした。例えば、PANDA-glGoではエラーが出ません。それからGNU Goの3.7系すべてでエラーが出ると思っていたら、3.7.1はエラーが出ないことも判明。前回は終局時にエラーが出るとあいまいなことを書きましたが、これは正確に言うと、「こちらがパスした後GNU Goがパスするとエラーが出る」です。

次に試したことをつらつらと書いていくと、まずMinGWのサイトからいろいろと新しいのをダウンロード&インストール。まったくだめ。怪しいそうなところということで、

./configure --disable-experimental-break-in --disable-experimental-connections --disable-socket-support

を試す(最初の二つは「experimental」の文字が。最後のは./configureで警告が出るから)。まったくだめ。MultigoはgmpでGNU Goと話をしているはずなので(調べ方が分からない&はっきりとしたソースが見つからないけど)、gmp.h、gmp.c、play_gmp.cあたりが怪しいかと、3.7.1と3.7.2のソースを見比べる(読めないけど)。まったく同じ。他も見比べる。まったく分からん・・・

3.7.3が出たときはこれで直っているかなと思ったんですけどね。とりあえずPANDA-glGoで遊んでおきます。詳しいこと分かる方がおられましたら、ぜひ教えてください。

2005年04月03日 20:54