2005年06月14日

Fedora Core 4 リリース

Fedora Core 4がリリースされました。GCC 4.0が採用されてたりします。

Fedora Project
http://fedora.redhat.com/

1ヶ月ほど前、家であまっていたPCにSUSE 9.2を入れたらなんだかものすごく良かったので、9.3 FTP版がリリースされたら、メインのマシンに入れてみようと待っていたところだったのですが、いつ出るのかよくわからないし思わずしびれ切らして今回のFedora Core 4をインストールしてしまいました。カーネル2.6系をちゃんと使うのはたぶん初めて。

インストールは、rescuecd.isoを焼いたCDが一枚あればFTPでのネットワークインストールができるようなので、それを試したのですがいたって簡単。いつもながらrikenに感謝です。ISOイメージはBitTorrentでも入手できます。

しかし実際使ってみるとあんまりフォントがきれいじゃない! IPAフォントを入れてみたり、できる範囲で設定をいろいろ試してみたりしたのですがなんだかいまいち。この前のSUSEはインストール直後からものすごくきれいでびっくりしたんですけど、どうしてもそれと比較してしまってなんだか萎える・・・ もちろんこんなのはディストリビューションがどうとかって問題じゃなくて、自分のスキルと設定しだいってのはわかっているんですが、できないものはどうしようもないしねえ。それにそういうディストリビューションではあるけど、それ以外も作りこみが甘いような・・・

今回から、普段自分が使う環境をWindowsからLinuxに少しづつ変えていこうと思ってたのですが、ちょっとこれには移行できそうにないです。SUSEが出たらたぶん入れ直します。

[追記]
その後いろいろいじっているとだいぶフォントがきれいに表示されるようになりました。けれど、未だFirefoxなどではアンチエイリアスかからない文字があったりしてよくわからない・・・ 「GTKなアプリ」、「フォントサイズ」あたりが関係ありそうだけど、どうも問題の切り分けができません。

[さらに追記]
「この前のSUSEはインストール直後からものすごくきれい」なんて書いてしまいましたが、よくよく考えるとIPAフォント入れるまでそこまでフォントがきれいだったはずがない。インストール直後からきれいに見えたのは、久しぶりに使ったKDEの完成度があまりにも高かったからでしょう(笑)。

Firefoxでアンチエイリアスがかからない文字があるのは、どうもIPAを使っている時で、kochiに替えるとすべてのサイズでちゃんとアンチエイリアスがかかります。フォントファイルの中のアンチエイリアスに関する情報が邪魔しているのか(そういう情報もありますよね?)、埋め込まれたビットマップが表示されているのか(その割にはきたない)分かりませんが、めんどうなので追及する気が起きません。フォントサイズを大きくしたり小さくしたりすると、ものすごくきれいなんだけどなあ・・・

なんにせよLinuxでのフォントの設定はむずかしい。あとDeer Park入れました。速いっ!

2005年06月14日 21:33