2005年09月18日

将棋プログラムがプロに善戦

ぼけーっとネットしていたら、ものすごい記事見つけて目が覚めました。

将棋対戦プログラム、平手でプロ棋士追い詰める - NIKKEI NET
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050918AT1G1800J18092005.html

この橋本崇載五段って若手のばりばりですよ。コンピュータにとっては、この人に勝てるようになることと名人に勝てるようになることに大きな違いはないかと思います。棋譜を見てないのでどんな将棋だったのかわかりませんが、押されっぱなしで負けを覚悟した。途中で頭が真っ白になったっていうぐらいなのでよっぽど危なかったのでは?この前のBonanzaもびっくりしたけど、コンピュータ将棋ってほんとに強くなってるんですね。2010年までには、プロに勝てるような気がします。これからはこういう場所に出たがるプロはなかなかいないでしょうね(笑)。

とりあえず橋本先生お疲れさまでした。

2005年09月18日 23:30