2006年10月18日

Movable Typeはサーバで展開しよう!

えらく長い間、Movable Typeのアップデートをほったらかしたままにしていたのですが、いくらなんでもまずいかと、重い腰上げて最新の3.33-jaにしてみました。いつもそうですが、特に問題なく終了。ちょっぴり気分が軽くなりました。

今までは、手元でMovable Typeのファイルを解凍して、サーバへアップロードしていたのですが、大量のファイル(3.33-jaでは1000を超えてます!)を上げるのは、いつもかなりの時間が掛かるので、今回は解凍前の「MT-3_33-ja.zip」をそのままアップロードして、サーバで展開してみました。するとこれが思った以上に速い! なんで初めからこうしてこなかったんだと、大いに反省・・・

説明も不要なことですが、以下簡単にどうやったかと書いていくと

[ SAKURAの「スタンダードプラン」 ]
1. MT-3_33-ja.zipを手に入れる。
2. PuTTYも手に入れる。
3. FTPクライアントでMT-3_33-ja.zipを /home/アカウント/www/ の下にアップロード。
4. PuTTYでサーバにログイン。
5. 以下のようにコマンドを打っていく。

% cd www
% unzip MT-3_33-ja.zip
% logout

以上です。残りの作業(ディレクトリ名を変えたり)はいつも使い慣れてるFTPクライアントでどうぞ。まあサーバがSSHとかTelnetが使えないとだめですが、使えたらぜひ試してみましょう。アスキーモードとかバイナリモードとかそんなのも関係ないし、かなりおすすめです。


[追記]
今読み返してみると、アスキーモードとバイナリモードくだりがおかしい・・・ 「関係ない」のではなく「なにも考えてない」だけですね(笑)。MT+SAKURAの場合は、今回のようにサーバで展開しても改行コードの問題はないはずです。

2006年10月18日 10:42