2008年02月19日

遠くの街に出かけた時に、見たことのないスーパーがたくさんあって違和感を感じることってありませんか? 毎日のように買い物している、地元でメジャーなあのスーパーも、全国的には超マイナーだったりします。なーんてことを考えている時に思いついた、こんなものを作ってしまいました。

supermarketer
http://www.perfectsky.net/cgi/supermarketer.cgi
http://www.perfectsky.net/cgi/ms.cgi (携帯用ページ)

はっきり言って、かなりくだらないです(笑)。でも、作るのはけっこう大変だったんですよ。全部で約6000店分のデータを持っているのですが、スーパーのウェブサイトなどを見て、全部自分で調べたんですから! スーパーを運営している会社の方、できればウェブサイトはもう少し見やすく作っておいてください。これはないだろってのが、いくつかございました・・・(笑) でも、ウェブで広告ちらしが見れるのはすごく便利です。新聞取ってない人などは、ぜひ活用しましょう。

Google マップのAPIも初めて使ってみましたが、スキルがない私でも簡単に使えてGoodです。今回のようなケースでも、地図が表示されるのとされないのとでは、面白さがだいぶ違います。視覚に訴えかけるのは重要だと、改めて思いました。

ということで、ぜひあなたも一度supermarketされてみてください。

2008年02月05日

私の持っている携帯は、待ち受け画面を好きな色のベタ塗りにすることができません。待ち受け画像を「なし」にすることはできるのですが、その時は縦のストライプが表示されるんですよね・・・(それって「なし」ではないような気が・・・(笑)) PCでは当たり前のこの機能、携帯では需要がないのでしょうか? それとも、私の携帯が変わっているんでしょうか? それほどリソース食うようにも思えないのですが・・・

ということで作ってしまいました(笑)、単色ベタ塗りの待ち受け画像を作成するCGIです。

plain wallpaper generator
http://www.perfectsky.net/cgi/plainwallpapergenerator.cgi
http://www.perfectsky.net/cgi/mpwg.cgi (携帯用ページ)

携帯用のサービスなので、携帯用ページも用意し、さらにモバイル版AdSenseも貼ってみました。普段、携帯では電話かメールしかしないので、こんなにまじまじと携帯でAdSenseを見たのは初めてですが、これはなんというか、ものすごく誤クリックが多そうです(笑)。モバイル版AdSenseは始まって間もないですが、広告主の方はコンバージョンをしっかり把握していないとちょっと危なそうですね。さすがにこればかりはGoogleも対策を取りづらいような気がしますが、広告主がそのあたりをちゃんと考慮にいれた入札金額を設定するような市場原理が働いて、このままでも大きな問題にならないかもしれません。

作成した待ち受け画像のURLはQRコードでも表示するようにしたのですが、GD::Barcode::QRcode便利です。っていうかこんなのが無かったら動的にQRコードを表示することなんて私にはできません・・・ しかも、自分でインストールしないといけないかなと思っていたら、このサイトで使っているさくらのサーバには、最初から入っていました。需要があるんでしょうね。

こんなCGI作っていると、docomoの携帯の、「480×854」とか「480×864」とかの凄さを痛感します。あんな小さな画面にですよ! スゴスギー

2007年11月06日

以前、MD5SummerというMD5やSHA-1のハッシュ値を調べることができるソフトを紹介しましたが、今回のbkhashesはもっとすごいです。なんと35種類ものアルゴリズムに対応している万能ソフトです。

bkhashes
http://www14.ocn.ne.jp/~bkclass/bkhashes.html

ちなみにその35種類とは

Adler-32, cksum, CRC16(CCITT), CRC24, CRC32, FCS16, HAVAL(128/160/192/224/256bits, 3/4/5passes), MD2, MD4, MD5, RIPEMD-128, RIPEMD-160, RIPEMD-256, RIPEMD-320, SHA-1, SHA-256, SHA-384, SHA-512, Tiger, WHIRLPOOL 2001, WHIRLPOOL 2003

とのこと。見たことないのもいっぱいあって、何がなんだかわかりません(笑)。見やすさ・使いやすさも申し分ないので、このソフト一つあれば、もう他は全く必要ないですね。

2007年10月18日

Perlの勉強のために、ランダムな文字列を作成する簡単なCGIを作ってみました。ネットで探せば、同じような内容のCGIが、両手では数え切れないほど見つかりますが、複数の文字列を同時に作れることと、そこそこ自由に使用する文字を選べることなどで、ちょっぴり差別化しました。どっちにしろ大したCGIではないですが、もしよければ何かの時に使ってください。2進数、8進数、16進数を構成する文字だけを使って、文字列が作れたりします。

random string generator
http://www.perfectsky.net/cgi/randomstringgenerator.cgi

せっかくこんなCGIを作るのだから、作成する文字列は、できるかぎりしっかりとランダムになるようにしておきたいなと思って、ここ最近いろいろと乱数について調べていたのですが、これは本当に難しくて奥が深いことなんですね・・・ 以下にそのあたりのことをずらずらと書いて見たいと思います。

いろいろな場面で、コンピュータは乱数を生成しますが、その多くはかならずしも質が良いとは言えないんだそうです。これについては次のサイトがものすごく詳しいですので、ぜひ一度読んでみてください。

良い乱数・悪い乱数
http://www001.upp.so-net.ne.jp/isaku/rand.html

少し古い内容も含まれているのかもしれませんが、中にはすごく恐ろしいのも・・・(笑) さらにこちらのサイトでは、C言語のrand関数の質の悪さをわかりやすくグラフにされています。私も試しに、手元のMinGWな環境で、rand関数を使って0と1をランダムに100万回発生させてみましたが、1度も16回以上同じ数字が連続することはありませんでした(すべての環境でこうなるわけではないです)。これは明らかにおかしいですが、私たちが普段使っている乱数はせいぜいこんなものなのですね。

じゃあ今回のCGIではどうしたかというと、先ほどのサイトなどにもでてくる、メルセンヌ・ツイスタ(Mersenne Twister)というかっこいい名前のアルゴリズムを使うことにしました。これがどう優れているかと言われても、正直困ってしまうのですが(笑)、今回のような場合には、たぶん適当だと思います。

Mersenne Twister: A random number generator
http://www.math.sci.hiroshima-u.ac.jp/~m-mat/MT/mt.html

具体的にはMath-Random-MTというPerlのモジュールを使ってます(Math-Random-MT-Autoというモジュールもあります。詳しく調べていませんが、こっちのほうが何かと高機能かもしれません)。乱数のシードは、10マイクロ秒単位の時間(一応2つ)とプロセスID、それからあらかじめ用意した十分な長さの文字列をひっくるめてSHA-1のハッシュ値を取り、そこから32Bit分取り出して使用しています。今回のケースはまあこれで十分でしょう。

話が少し変わりますが、ネットでいろんなサイトを見ていると、Perlでrand関数を使う前に、srand(time^$$)とかsrand(time^($$+($$<<15)))しろとよく書いてあるんですが(私が持っている本にはsrand(time+$$)と書いてあります)、試しに次のようなスクリプトを動かしてみてください。

for(0..2){
  srand(time^($$+($$<<15)));
  print rand() . "\n";
}
for(0..2){
  srand();
  print rand() . "\n";
}

環境にもよるようですが、出力される最後の3つの数字が、ばらばらの違う数字になってはいないでしょうか? これは要するに、srandを引数なしで使ったときは、秒単位の時間やプロセスID以外のなにかも使われている証拠ですので、変な引数を与えるよりはよっぽどましだということですね。手元の環境では、Windows+ActivePerlで最後の3つの数字がが同じになりますが、FreeBSDな環境だとばらばらになります(なんとなくですが、大抵のUNIXな環境では後者になる気がします)。しかも、Perlの5.004以降では、srandをスクリプトのなかで明示的に呼んでいなくても、最初にrandが呼ばれる時に自動的にsrandを呼ぶようなので、わざわざsrand()などと書く必要もほとんどないらしいです。そのあたりはこちらのsrandの項をぜひ読んでみてください。ただし、さきほどのMath-Random-MTモジュールのsrand関数はrand関数を使う前にかならず一度明示的に呼んで、適切なシードを与えないといけないようですので、そこはちょっと注意してください。

2006年12月20日

最近では、PCにアンチウイルスソフトをインストールしておくことが、ある程度一般的になってきたような気がしますが、ほとんど役に立つ機会がなく、しかも負の側面も決して少なくないこの手のソフトにお金を使うのは結構悲しかったりします。そんなわけで、今回は無料で使えるオープンソースのアンチウイルスソフトです。

ClamWin Free Antivirus
http://www.clamwin.com/

オープンソースというのは結構ですが、持っている機能はかなりシンプルなもので、リアルタイムでウイルスを検出したりはしないようです。まあ、それはそれで「負の側面」が少ないことを意味しますので、分かった上で使えばそれなりに有用でしょう。他のアンチウイルスソフトとぶつかったりすることも少なそうなので、とりあえず入れておくだけ入れておいてはどうでしょうか?

2006年09月24日

スラッシュドット経由で知ったこのソフト、ほんとすばらしいです。簡単お手軽に、Windows上のアプリで使われているフォントにアンチエイリアスを掛けてしまいます。Firefoxだとこんな感じ。

まだまだ開発途中のようですが、もう少しだけ様子を見た後、ブラウザだけでもいいのでこのソフトを常用したいです。人それぞれ好みはあると思いますが、個人的には、これから元には戻りづらいです。見やすい・見にくい以前に、なんだか優しい気持ちになりませんか?

gdi++.dll
http://drwatson.nobody.jp/gdi++/

2006年07月27日

あるファイルのMD5チェックサムを調べたいことって、頻繁ではないにせよやっぱり時々あります。MD5を調べるだけなら、GUIでなくてもそれほど困りませんが、そうだったらそうで幸せなので、そんな感じでたまーにお世話になるのが、今回のMD5summerです。

http://www.md5summer.org/

たったこれだけのソフトを紹介しようと思ったわけは、久しぶりにたまたまダウンロードしようとしたら、beta版ながらSHA-1をサポートしている新しいバージョンが出てたからでした。ということですでにこのソフトを知っていた人も要チェックです。

話がかなりそれますが、このソフトは「Postcardware」なんだそうです。「気に入ったら絵葉書送ってね」っていうフリーソフトは何回か見たことがありますが、「Postcardware」という言葉は初めて見た気がします。この言葉にちゃんとした定義があるのか分からなかったので、ちょっと調べてみたのですが、特にしっかりと決まった意味はなさそうです。このソフトはGPLでもあるので、絵葉書を送ることが必須とかではないはず。もしそうだったら、ここで紹介しづらいなと思っていたのですが・・・

でも、ここ見ると、絵葉書を送るっていうアイデアはほんと素敵だなと素直に思える。

[追記]
同じような内容のもっと高機能なbkhashesというソフトを見つけました。そちらのソフトの方がおすすめです。

2006年06月03日

大切なファイルを暗号化する適当なフリーソフトを探していたのですが、ふと、この前紹介した7-zipで、圧縮した時にパスワードを掛けるのが、簡単じゃないかなと思いつきました。そこで調べてみると、7z形式は暗号化のアルゴリズムにAES-256を利用していて、ある程度しっかりと暗号化されるようで、現にこれが目的で7-zipを使っている人も中にはいるようです。

7-Zip
http://www.7-zip.org/ja/

試しにパスワード掛けて圧縮・解凍してみたのですが、自己解凍形式(SFX)と組み合わせると、さまざまな場面で結構便利かもしれません。

2006年03月16日

こういったことが成り立つってのがなかなか信じられないのですが、なんにせよこわーい話です。

ぜい弱性情報の売買が増加--シマンテックの脅威レポート - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20098626,00.htm

買った情報をお金にするのもけっして楽ではないと思いますが・・・

2006年01月25日

ウェブサイトの背景とか、デスクトップの壁紙に使ってもらえそうな画像を、8種類×5色の40個作って見ました。どれもシンプルでコントラストの低い、白ベースのあまりうるさくないやつです。単純なデザインの上に、この前のPNGGauntletも使ったので、めちゃくちゃファイルサイズも小さくて地球にやさしいです(笑)。単色ではちょっと、って時などにぜひ使ってみてください。

http://www.perfectsky.net/download.html

まあ、どこにでもあるたいした物ではないのですが、この画像を公開するにあたり、せっかくなので適当なライセンスを設定しようかななんて思いました。で、真っ先に思いついたのが今回のタイトル、Creative Commonsだったのですが、正直今まであまりよく知らなかったので調べてみたら、なんだかいろいろ難しいですね。現行のCreative Commons Public Licenceのバージョン2.1では(正確には2.0から)「帰属」オプションが必須だなんてぜんぜん知りませんでした(もうこの時点で採用はない・・・)。 ライセンスの内容も難しくて、正確に理解できそうにありません。そして理解できないものを、もっともらしく使うなんてことも当然できません。

クリエイティブ・コモンズ・ジャパン
http://www.creativecommons.jp/

Creative Commonsの活動には、基本的に好意を持っています。ライセンスの内容を理解できないのは私の頭が良くないだけで、Creative Commonsは物事を単純にする試みだとも理解しています。ただ以前も同じようなことを書いたのですが、どうしてもこの手の話にはある種の不毛さを感じてしまうんですね。そしてこれも以前書いたことですが、これは誰かが悪いというわけではないんですけどね・・・

ということで、今回の画像は、「誰でも」「自由に」使えるよライセンスにします。「誰でも」と「自由に」という言葉が、一般社会ではどう定義されるのか正確には知りませんが、たぶん自分の想像を大きくは超えないでしょうし、仮にそうであってもおそらく納得がいくと思います。

最後になって、今回の画像について自分が守りたい権利なんてほとんど何もなかった、ということに気が付きました。いったいおれは何がしたいんだ・・・

2006年01月18日

ブログをお休みしていた間に使い始めたソフトの話が続きます。今回は圧縮解凍ソフトの7-Zipです。

7-Zip
http://www.7-zip.org/ja/

今までは、かなり長い間eoを使っていたのですが、とっくの昔の更新が止まっているし、気分も一新して新しいものをと思って使い始めました。ぶっちゃけZIPとLZHが解凍できれば事足りるのであまり深いこだわりはないのですが、試しに使ってみてこれはいいかなと。7-Zipの主な特徴を本家から引用すると、

* LZMAアルゴリズムによる高圧縮率の圧縮形式7z形式のサポート
* 7-ZipはGNU LGPLに従って配布されるフリーソフトウェアです
* サポートしている形式 : 7z, ZIP, CAB, RAR, ARJ, LZH, CHM, GZIP, BZIP2, TAR, CPIO, RPM and DEB
* ZIPとGZIP圧縮において7-ZipはPKZipやWinZipよりも2-10%高い圧縮率を出します
* 7z形式は自己解凍形式をサポートしています
* Windowsシェルに組み込めます
* 強力なファイルマネージャ
* 強力なコマンドラインバージョン
* FAR Manager のプラグイン
* 60言語に対応

となっています。結構最近までLZH形式に対応していなかったのですが、バージョン4.31から正式に対応されました。いまいちマイナーな7z形式も自己解凍形式で使えるのなら、もう少し広く利用されてもいいのに・・・

いまどきのアーカイバはどれも便利で高機能なんだと思いますが、このソフトもいい線行ってるような気がします。とりあえず、メンテナンスされ続けているってのが気持ちいい。

2006年01月15日

少し時間に余裕が出てきたので、休んでいたブログの更新を再開します。とは言え、毎日エントリー書く、なんてことはできませんが、「時間のある時に、書きたいことだけ」という今までと同じスタンスでやっていきたいと思ってます。でも、これまで以上にだれかの役に立つことを書きたい!見てくれている人にとっては、個人的なことなどは正直どうでもいいと思いますしね。

再開するにあたってMovable Typeをアップデートしておきました。やる気だけはある!(笑)

2005年09月30日

最近いろいろと忙しくなってきたので、ブログの更新を一時的に休みたいと思います。書ける時間がある時にだけエントリーを書くってスタンスでやってきたので、べつに何ヶ月更新がなくてもそれはそれって感じなのですが、そうは言っても頻繁に見ていてくれる人もいるようなので、一応こんなエントリーを書いておくことにしました。

このブログの内容は一切消しません。ただし、しばらく時間を置いてトラックバックとコメントを受けるのは止めるかもしれません(どうやるのかな?)。いつになるかは全くわかりませんが再開するとは思いますので(あっさりと来週だったり、はたまた10年後だったりするかも(笑))、その時はまた見に来てください。ではではその時まで・・・

2005年08月17日

'Map'が名前に入ったものを最近よく見かけますが、これは何?

2005年06月04日

メモリテストのMemtest86は結構有名ですが、Memtest86+なるソフトがあることを最近知りました。Memtest86をベースに新しいハードウェアにも対応させているようです。今はこっちを使うほうが良さそうですね。

Memtest86+
http://www.memtest.org/

必要があったので使ってみると、+の文字が点滅してました(笑)。分かったってば!

2005年05月18日

以前からこのようなソフトは利用していましたが、最近知ったこのRepl-Aceは結構機能が多くてよさそうです。一つ一つのファイルに対して、一度に複数の置換処理をしてくれるのが便利ですね。当然、正規表現も使えます。

Repl-Ace
http://www.sirmiles.com/software/repl_ace.htm

個人的にはこれはもうウェブ制作時に欠かせません。

2005年05月05日

ここ最近、PC用のメモリがものすごく安くなっています。PC3200 512MBが4000円を切ってる店もあるようで、あまりの安さに言葉を失ってしまいます。

メモリ最安値情報 - AKIBA PC Hotline!
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20050430/p_mem.html

でも、メモリ買うならマザーとCPUも換えたいし、結局お金がなくて買えません・・・

GoogleがGoogle Web Acceleratorなるツールを配布しています。Firefoxにも対応しているようです。

Google Web Accelerator Download
http://webaccelerator.google.com/

ちなみにこんなことをしてくれるようです。

# Sending your page requests through Google machines dedicated to handling Google Web Accelerator traffic.
# Storing copies of frequently looked at pages to make them quickly accessible.
# Downloading only the updates if a web page has changed slightly since you last viewed it.
# Prefetching certain pages onto your computer in advance.
# Managing your Internet connection to reduce delays.
# Compressing data before sending it to your computer.

気持ち悪すぎて試す気になりませんが、2年後ぐらいには、ウェブブラウジングの必須ツールと呼ばれてたりして!?

2005年04月19日

いやー本当に驚きました。

アドビ、マクロメディアを34億ドルで買収 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000050156,20082875,00.htm

上のCNETの記事には100件を越えるトラックバックが打たれていてみんなの関心の度合いがうかがい知れます。確かにほとんどのPCユーザは、この2つの会社の製品にお世話になっているだろうし当然ですね。今後、いい方向に向かうことを期待してますがさてさてどうなることやら・・・

最初34億 「円」 と読み違えて、そんなに安いのかっ!とびっくりしたのは内緒。

2005年03月19日

すごすぎです!このソフトはNASAが作ったものなんですが、相当手が込んでます。

World Wind
http://worldwind.arc.nasa.gov/

ものすごい数の機能があるみたいなのでいろいろ試したいのですが、うちのPCのスペックではちょっとキツイ!Cel1.2G+256MB+G400(3Dをグラフィックチップが描いてるのかどうかよく分かりませんが)ではまったく歯が立ちません・・・ しかも挙句の果てにフリーズして、一切の入力が利かなくなりました。これはもう、新しいPCを買ったときのお楽しみとしておきます。

興味を持った人はぜひこちらの窓の杜の記事も見てみてください。

http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/03/07/nasaworldwind.html

BitTorrentでも配布しているけど、171MBもあれば当然かも。オープンソースなのが偉い!

[追記]
グラフィックチップの3Dアクセラレータを使ってるってちゃんと書いてありました。リアルタイムにあれだけの表示を行っているんだから、当たり前といえば当たり前。さらにVideo Card CompatibilityというページにMatrox G400 16MB: ok, sometimes crashes in near viewとの記述が!そうですそうです、地表に近づいたときにフリーズしました。

2005年03月01日

考えたこともなかったけどちょっと面白い話。

R・ストールマン、オープンソースのBIOS開発を呼びかける - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20080992,00.htm

自分は知らなかっただけで、すでにこんなのもあるんだそうです。

LinuxBIOS
http://www.linuxbios.org/

面白そうだけど、使うの怖すぎ!

例によっていろいろなことを考えさせられるけど、大した結論がでてくるはずもなく・・・ っていうかBIOSって実際何してるの?

2005年02月06日

我が家にCeleron2.2GHz+512MBな構成の割りに、ものすごく動作のかったるいWindowsXPのマシンが一台あります。本当は一度OSを再インストールした方がいいのはわかっているんですが、時間もないしそれ以外の理由もあって、できるだけ重くなるようなことは避けつつだましだまし今まで使ってきました。

とはいえこのマシンは使用頻度も高く、またその遅さは半端じゃないので、なんとかしなければなりません。そこで、これまでずっと使うのを避けていた「レジストリをきれいにするぞ系」のソフトを探していて見つけたのが、今回のNTREGOPTです。

このソフトはNT-REG-OPTの名前のとおり、NT系のWindowsのレジストリを最適化してくれるというものです。使い方は簡単で、実行してOKボタンをクリックするだけ。めちゃくちゃ簡単です。うちでは9%という、凄いのか大したことがないのかよくわからない、中途半端な量だけレジストリが縮小されたと出ました。ちょっとドキドキしながらPCを再起動しましたが、結果は・・・ う〜んあまり違いが無いかな?たぶん近いうちにOSを再インストールするでしょう。

使い方は簡単ですが、やってくれることはかなり大胆なことなので、レジストリをバックアップするなりそれなりの心構えで試してください。ほんと責任とれませんので。

2005年02月04日

[このエントリーのトラックバック先の記事]

面白い記事見つけました。まずはこちらを。

サン、計算処理能力の「電子取引所」開設へ - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20080489,00.htm

なんというかいろいろ想像力をかきたてられる話ですが、冷静になってみるとここで目新しいのは、このようなものを「取引所で」売買するってことだけなんですね。供給側から見れば安定した販路の整備、需要側から見れば価格の低下ってことで悪いことではなさそうですが、計算処理能力っていう商品は、現在取引所で扱われている他の商品と比べると、特殊な点が結構ありそうな気がします。

例えば、これほど爆発的に量(数)が増えている商品って他にあります?私はちょっと思いつかないです。あとCNET Japanの記事の最後のほうでも書かれていますが、合理的な単位を考えるのは大変そうですね。

「合理的な単位」ってのに関係しますが、計算処理能力って一言で言っても必要とされるものは、多岐にわたるんだと思いますが(そうでもない?)、仮に取引所で扱われる商品の種類が細かく分かれると、今度は流動性の確保が大変に・・・ それに、これは取引所通じてってのは関係ないかもしれませんが、計算処理能力って価格変動が激しそうで、そのリスクをヘッジするコストもばかにならない気がするので、ユーティリティコンピューティングに頼りっきりってわけにもいかないんだと思うんですが・・・

まあそうは言ってもこれが時代の流れなんでしょうけど、とりあえず今回のSunはこけると私は予想しちゃいます。ユーティリティコンピューティングについてはいろいろ言われているようですが、個人的には一般家庭が関わりを持つ概念ではないと思う。こういう話を聞くとなぜか、宇宙人は見つかったかな?ってそっちの方に頭がいってしまうんですが・・・ まだ?

2005年01月12日

Appleから新しく発表されたiPod shuffleですが、こいつはかなり気になります。割り切り方がホントいいと思う。小さい、何も付いてない、充電もUSB経由。私は何事もシンプルなのが一番なので、こういうのがたまりません。正直20GBとか40GBとかいらないんですよ。

そして値段も安い!512MBの方は税込み10,980円。ちょっと高いUSBメモリみたいなものではないでしょうか?


でも買うお金がない・・・

[追記]
MYCOM PC WEBにiPod shuffleのレビューがあります。

2005年01月08日

まずこちらのデジカメWatchの記事を見てください。SDカード自体にUSB端子が付いてるんですが、SDカードってそんな厚みありますかね?うーん実物見ないとどうなってるのかわからないです。でもかなり便利そう。

2005年01月07日

[このエントリーのトラックバック先の記事]

以前から話題になっていたMicrosoft製のスパイウェア対策ソフトですが、beta版がリリースされているようです。トラックバック先のCNET Japanの記事では、「まもなく」となっていますが、bottom dead centerを見て知りました。

MS製のスパイウェア対策ソフトって話を初めて聞いたときのみんなの感想は似たようなものだろうけど、そこにはあえて触れないでいます・・・ とりあえずこのbeta版は私は怖くて使えません。どなたかよろしく!

スパイウェアってなに?って方は、一度Spybot使ってみることをお勧めします。とうぜんながらこちらも自己責任で!


* * * * * * *


bottom dead centerで使われているMamboっていうCMS、初めて知りました。この手のソフトっていろいろあるんですね。オープンソースで開発されているそうです。XOOPS(これもよく知らないけど・・・)なんかと競合するんでしょうか?

2004年11月07日

昨日はいろんなエントリーを書いてて、一番書きたかったこれを忘れてました。


ついに我が家にも光ファイバーがやってきました!


某電力会社のサービスなんですが、Radish Network Speed Testingってとこで調べると、下り45Mbps、上り15Mbpsぐらいはでているようなので(かなりばらつきあり)とりあえず満足です。回線を使ってないときは、BitTorrentでLinuxのISOイメージを流しちゃる!

2004年11月05日

このサイトに対して何かあれば、お気軽にこのエントリーにコメントください。コメントは公開されます。公開されると困る内容は下のメールアドレスまでメールしてください。このエントリーは連絡用に作ってみました。

2004年11月01日

スラッシュドットジャパンを見てたらすごいニュースが!あのGatewayが日本市場に再参入するそうです。(その記事)

ほのかに懐かしい思いはあるけれど、どうでもいいが勝ち目はあるんだろうか?

2004年10月29日

このサイトを始めた理由のひとつに、ブログをやってみたいっていうのがあったんだけど、やっとこさその準備ができました。あー疲れた!

Movable Typeを自分で入れたんだけど、これって思ってたよりたいへんなのね。メインサイトとデザインを揃えるつもりだったけどもうすでにあきらめモードに・・・ 自分にとってMovable Typeはあくまでもひとつのツールであって、これを極めたいわけではないので、とりあえずデザインは今のままでやってきます。暇な時間があれば、その時にでももう少しいじってみよう。

実を言うと、ブログってなんなのかまだよく分かってなくて、トラックバックってなに?っていう状態だったりします。ブログの作法を覚えるのも(そんなものはない?)なんだか大変そうだ。目標として1年間ぐらいは続けたいけど、もしもいやになったら無理せずやめてしまうつもり。でも、誰かに話したいことができた時それをここに書くって感じでやれば、きっと続けていけると思う。

肝心のブログのタイトルは時間かけて考えたんだけど、どうもセンスがなくて・・・ 見上げればいつも同じ空(sky)があるけど、いつも同じ雲(cloud)はないってことで、日々書きなぐっていくブログの名前としてはいいかなあとperfectcloudsとしました。いまいちしっくりこないけど、ホントもう思いつかないし・・・

コメントやトラックバックも受け付けられるようになってる(はず)ので気軽によろしく!と書き終わったところで、アクセスがまだなく今すぐにはだれからも読んでもらえないであろう記念すべき初エントリーはおしまい。