Linuxでファイルサイズを0にする

2008.06.09  |  Linux

今回は、最近いろいろとさわる機会の多かったLinuxの話です。

大きくなったログファイルなどを、一旦クリアしてしまいたい時ってありますよね。rmしてtouchとかでもできなくはないですが、パーミッションを設定し直したりしないといけなかったりするので、あまりスマートな方法ではなさそうです。こういう時、普通はどうするのかなと思って調べていたら、こんなページが見つかりました。

ファイルを空にする – 揮発性のメモ
http://d.hatena.ne.jp/iww/20071007/cat

$ :> foo.log

おお、こんなやり方があるんですね。知りませんでした。しかし、このスマイリーみたいな:>の意味が分かりません。とりあえず、試しに目と口の間に(笑)スペースを入れてみます。

$ : > foo.log

これも先ほどと同じ結果になりました。ということは:>は別々のようです。>はリダイレクトですが、では一体:ってなんなのでしょうか? 記号ってほんと検索しにくいのですが(笑)がんばって調べてみると、こちらのページ曰く、何もせず,0を返すということだそうです。ということは、こんなのと一緒でしょうか?

$ echo > foo.log

と思ったら、ファイルサイズが1バイトになってしまいます。テキストエディタで開くと、改行が一つ入っていました。こういう時は

$ echo -n > foo.log

-nオプションを付けるといいようです。このあたりで気づいたのですが、これでもいいようです。

$ > foo.log

シンプル! 勉強になりました。ちなみに普通はこうするらしい。

$ cp /dev/null foo.log

まあそうですよね。たぶんこれが一番安全です。

[追記]
こちらのサイトも参考になると思います。

No Comments »

No comments yet.

Leave a comment


ご気軽にコメントしてください。ただし、すべてのコメントに返信をお約束するものではありませんのでご了承ください