1回60秒の英単語テストを作ってみました

2018.01.18  |  ウェブ制作  |  Comments (1)

1回60秒で行う、英単語のテストを作ってみました

六十秒英単語テスト
https://www.60byo.net/

順に出題される単語の意味を、3つの選択肢の中から選んでいくという、よくあるタイプのテストなんですが、正答率ではなく、60秒の間に何回正解できるかを競うところがちょっと変わっていて、もし回答が不正解だったら、3秒間停止して次の問題に進めないようになっています。「正答率だけではなく、回答に掛かった時間も考慮すれば、もっと正確に(高速に)能力が評価できるのでは?」という発想で作ってみました。紙ではできない仕様で、ここはうまくいっているのではと思っています。よかったらぜひ一度、挑戦してみてください。ある程度データが集まったら、テスト結果が上位何パーセントに入るのかとかも、表示させたいと思っています。

このウェブアプリ、作り始めたのはもう2年ぐらい前(もっと前かも?)のことで、おおまかな所はかなりあっさりと制作できたのですが、一番最後にやり始めた肝心の問題の作成がもうめちゃくちゃに大変で、こんなに時間が掛かってしました(というより、こんなのやってられないと途中で何回もぼつにしようとしたんですが…)。信じられないかもしれませんが、のべ数百時間は掛かっています…(泣) いやもう、自分が一番信じられません。本当に馬鹿じゃないのか…

そして、その問題の作成なんですが、かなりいろいろなことを考慮しながら行いましたので、結構気持ちよく回答していけるのではないかなと思います。そのあたりのことも、ここで書こうかと思ったんですが、もういいや。めんどくさい(笑)。

実は今、苔の画像を見て種類を判別するウェブアプリを作っているのですが、今回みたいなことにならないように、とりあえずの性能で良いので、さっさとリリースするようにします。いや本当に、Done is better than perfect. って良い言葉だと思うよ…

[追記 2018/2/7]
テスト結果が上位何パーセントに位置するのかを、表示するようにしてみました。一応、すべての問題を7秒以内に答えた時のみに限定して、テストの途中で諦めてしまったケースなどを、ある程度除外してあります。データがもっと集まれば、再度数字をアップデートする予定ですが、とりあえず今現在、36問正解で上位10%、40問正解で上位5%、45問正解で上位1%に入れるようです。最高記録は48問正解。なかなかすごいですね。問題作った私ですら、これは簡単ではないです。

[追記 2018/4/25]
テスト結果が上位何パーセントに位置するのかのデータを、アップデートしました。37問正解で上位10%、40問正解で上位5%、47問正解で上位1%に入れるようです。最高記録は52問正解でお一人だけ。これは本当にすばらしい反射神経だと思います(笑)。

[追記 2018/8/25]
テスト結果が上位何パーセントに位置するのかのデータを、再度アップデートしました。36問正解で上位10%、41問正解で上位5%、48問正解で上位1%に入れるようです。最高記録は54問正解だそうです…